忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
多摩市東寺方は西を和田、東を関戸に挟まれた現在の桜ヶ丘の丘陵地を中心とする小さな村域の村であった。名の由来はこの地に寺が多く、このため寺方と呼ばれたことからだが、後々同じ行政下に置かれる際、八王子に同名の村が有り、そちらを西寺方、当地を東寺方としたこと言うことだ。
村域は狭いがそのうち、有山と原関戸に関しては元々は違う村であり、この地を寺方が併せたという経緯もあるようだ。
地名に目を向けると確かに村名の通り、寺の旧跡が多く、村の成立の経緯を感じられるものになっているほか、壽徳寺付近には「入道谷戸」なる地名もあり、現在宅地ひしめく桜ヶ丘の奥地は非常に寂しい地であったことが感じ取れるものとなっている。
地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、併せて感謝を申し添えたい。
「多摩市の町名」「皇国地誌東寺方村村誌」「今昔マップ on the web」
比定不能地名は特にない



より大きな地図で 東寺方の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]