忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
町田市の旧小川村は市域の南方に位置し、すぐ東は横浜市域の長津田である。この地はそもそも大変に山深い地域であり、多くの山と谷戸からなり、運輸困難な地であった。
劇的に景観が変わったのは、この地の多くがつくし野という町になった事からだろう。つくし野、南つくし野といったニュータウン的な町が生まれ、造成によりほとんど山は切られ、ひしめいていた谷も埋められてしまった。坂は多く残るものの、モダンな街区が敷き詰められて、かつての寒村を知るすべもないほどに隅々まで開発が行われた。
地名に関しては皇国地誌が残るものの、内容はあまり多くなく、地名データも多くは残らない。また早くから小字は番号になっており、それ以前の字名の比定は難しく、更にそれより前の小地名は記録もほとんど残って居ない状況で有り、今回の比定では字番号に置き換えられた旧字と、皇国地誌に載る僅かな山名だけとなってしまったが、もともとはもっと多い地名が会ったことは想像に難くない。
地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、併せて感謝を述べたい。
「字名一覧(町田市)」「明治時代町田市域各村縮図集(町田市史編纂委員会)」「皇国地誌小川村村誌」「今昔マップ on the web」「国土変遷アーカイブ」「つくし野ふれあいネットweb」
比定不能地名は特にない



より大きな地図で 小川(町田市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]