忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
町田市山崎町は複雑な地形の丘陵部に位置する村であった。七国山を筆頭に丘陵部としては割に高い山を持ち、そこから各所に派出する尾根に無数の谷戸が刻まれており、また古街道の抜ける地でもあったという。
しかし地名資料に関しては全くと言って良いほど残っていないに等しい地域であるため、かつて村民が用いたであろう地名の多くが消えてしまった疑いはぬぐえない。
村誌を始め地名研究のスターターとしての資料が無い上に、早い段階で字は番号制に移行、現代では山崎団地を始め多くの宅地開発により姿は激変する中で、古い地名を集めるのは困難を極めた。
なんとかいくつかの資料から地名を拾いあげたが、それでも山崎団地の部分はすっぽり抜けてしまい、空白地帯となってしまっている。
町田市や地名研究各所の方々に、心よりおねがいしたい。いち早くこの地の旧家の方々から地名の聞き取りを行い、それらの地名を記入した資料を刊行して頂くことを。
地名の比定と拾いあげには以下の資料を用いた。
「今昔マップ on the web」「新編武蔵国風土記稿」「地図情報まちだ」「歴史ロマン古道ニュース19号」「東京都生涯学習情報-遺跡地図情報」
比定不能地名はないが、圧倒的に資料不足のため、情報の提供を頂きたい。

※新たに「焙烙谷戸」「石川谷戸」「池の谷戸」の各地名を加えました。




より大きな地図で 山崎(町田市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]