忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
町田市高ヶ坂は、原町田に接していることから町田の中心部に近く、そのため開発の手が多く入りかつての景観は一変している。成瀬や南大谷と接する丘陵部の端の立地で有り、そこを恩田川が開いた谷が貫いている。
かつては山には多くの谷戸が入り込む地であったが、残る場所は芹ヶ谷などごく僅かとなっている。
地名についてはこの地も資料がほとんど残っておらず、多くの地名が失われた疑いはぬぐえない。村誌に僅かに記載されている旧字名の他は、新編武蔵風土記稿に載っている地名と地元に伝わる地名のみで、残念なことに地図にも地名の空白地帯が発生してしまっている。
この地も早急な聞き取りと記録が求められる地の一つである。
拾い上げと比定には以下の資料を用いた。
「高ヶ坂村村誌」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「東京都生涯学習情報-遺跡地図情報」「字名一覧(町田市)」「たまには多摩に行こうweb」
比定不能地名はないが、圧倒的に資料が無く、情報提供を御願いしたい。
※情報提供により、一部地名の由来を加筆しました。




より大きな地図で 高ヶ坂の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]