忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148
神奈川県t川崎市高津区久本は村域の大部分を古多摩川の氾濫原にもち、東側の一部は丘陵部にかかる農村であった。
この地は極めてユニークな地名特性を持っている。
まず、村名の久本は荘園時代の豪族の名から出たもので、かつ久しく栄えるようにとの意味を込めた寿称地名では無いかと言うものだ。
この辺りは橘郡の中心が置かれていたこともあり、こう言った縁起を担いだ地名が多いのもまた特徴である。
また当地には元々細かい字名が沢山あったが、明治の地租改正の際、多くの村で字名の統合整理が行われ、この地でもそれは行われたのだが、この際尊重の岡氏の発案で、雅名を用いた字名を新設したのだ。
このため、本来伝統的に受け継がれてきた地名は公的には消え、他に類を見ない美しい字名が付いた。これらは村がゆくゆく発展したときのためにとの願いが込められていたが、事実開発が進み発展した町は、先人の思いとは裏腹に住居表示という名のものとの文化財破壊を行い、無味乾燥なものとなってしまったのは極めて残念でならない。

地名の比定と拾いあげは以下の資料によって行われた。深い感謝を添えて。
「川崎地名辞典」「今昔マップon the web」「google map」

比定不能地名は以下
・島しり
・むか田
・池ふち
・舟ヶ町
・辻下
・八段町
・すかる田
・関免
・猿田


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]