忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
神奈川県川崎市高津区新作は村域東端を古多摩川の氾濫原である低地、西側を丘陵部端の谷戸地からなる村域を持つ純農村であった。
現在も昔の面影を丘陵部に残しているものの、かつて一面の水田地帯であった氾濫原にはびっしりと建物がならび、その面影を知る術はない。
当地の名前の由来は定かではないが、新しい開墾地という意味からと言う説のほか、浸食された台地の意味の「浸迫」の転訛ではないかという説があるようだ。
現在は全域で住居表示が実施されており、字名もすでに過去のものとなっている。
さらに、古地名に関しては川崎地名辞典でも比定を諦めており、この背景は地元でもそれらの地名の音は記憶にあるものの、場所はすでに分からなくなってしまっているという事情があるようだ。
しかし同じような条件の隣接町域では、古い地名の比定も行われているので、詳細な聞き取りをすればあるいは判明するものあるのではないかと思う。
これらの地名の一部は比定に挑戦してみたものの、これらは極めて根拠に乏しい、ほとんど妄想と言っても良いレベルなので、使用にあたっては注意されたい。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、深い感謝を添えて。
「川崎地名辞典」「今昔マップon the web」「google map」

比定不能地名は以下の通り
・ワッタ(和田か)
・八反町
・六反町
・五反町
・スマダ(隅田か)
・苗間
・ミタビシタ
・ショッカラ
・上新田
・根田
・池の上
・ナマズノアタマ
・横町
・焼部
・サンダンゲ(三段下か)
・カワダ(川田か)
・チュータ(中田か)
・中堀下
・一丁田
・四目田
・塔ノ下
・アンベンマチ
・コンタダ
・コロベ(五郎兵衛か)
・オッパラハタケ(大原畑か)
・柳台
・シンメイコブ(神明久保か)
・ケートノウエ(垣内ノ上か)
・八幡台
・堂坂原
・ソ馬捨場
・岩崎ノ原
・五階室
・カンカン室
・タベヤト(田辺谷戸かあるいは戸場谷戸か)
・井戸久保
・ゴロスケヤト(五郎助谷戸か)
・戌亥坂
・オクマンザカ(御熊坂か)
・堂坂
・柳台坂
・弁天坂


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]