忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
神奈川県川崎市高津区末長は村域の西を古多摩川の氾濫原、東側を丘陵部とする農村地帯の村であった。丘陵部はそれほど広くは無いが、複雑な地形を持っており、そこにいくつもの谷戸が入り込んでいる。
丘陵部は昔の姿も残るが、水田地帯であった低地はすっかり開発が完了しており、かつての面影を探すのは難しい。
村名の由来は不明ながら、村が末永く栄えるようにとの意味を持たせた寿称地名では無いかと言う。
当地には姿見台という非常に美しい地名が字名として近年まで残っていたが、最近になって住居表示が行われ、公的にはこの地名は消えてしまった。これは非常に勿体ない。出来ればこの地域だけ姿見台の名前を残して住居表示を行い、新町域をもうけて欲しかったと思う。
その他には変わった地名は特にないが、「透毛台」や「おな塚前」「藥師堂」などは産鉄地名ではないかと思われる。詳しい説明は各項目ご参照頂きたい。

地名の比定に用いた参考資料は以下の通り。
「川崎地名辞典」「今昔マップon the web」「google map」

比定不能地名は特にない


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]