忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145
神奈川県川崎市高津区と、一部宮前区にまたがる梶ヶ谷はその名の示す通り、鍛冶ヶ谷の転訛から来る村名であると考えられる。
これは古く産鉄製鉄地としての歴史を持つ場所と考えられ、宮前区梶ヶ谷地内にはその関係地名と思われる金山の名が記録されている。
梶ヶ谷は現在は武蔵野南線の大きな貨物駅である、梶ヶ谷貨物ターミナルが鎮座ましましていることで、鉄道ファンにはなじみ深い地であるが、宮前区梶ヶ谷を除く全域で住居表示済み、開発もかなり進んで昔の面影の薄い地となっている。
この背景には戦時中に軍に接収された土地が多く、その後返還後に開発が入りやすかったという背景もあるのだろうと考えられる。
古い地名については多く、伝承も途絶えてしまっているようだが、川崎地名辞典の執筆者の方々がこれらの旧小名の比定も行われており、概ねこの意見に賛成させて頂いた次第だ。
村域は南から北に大きな谷戸が走っており、古くこの谷戸を梶ヶ谷と呼んだのだろうと思う。この各支谷に名が有り、その一部は同辞典と意見を異にしたため、若干比定地を変えたものもあることを追記しておきたい。

地名の拾いあげと比定に用いた資料は以下の通り。深く感謝をする次第である。
「川崎地名辞典」「今昔マップon the web」「角川地名大辞典」「google map」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]