忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
神奈川県横浜市港北区師岡町は樽町の更に南の丘陵地に位置する地区である。多くの谷戸と里山に囲まれた地区で、現在でも緑多く起伏に富んだ地域となっている。
師岡村、更に古くは師岡郷と言ったが、師岡の地名は古くから変わっていないようだ。この村名も明らかにその起伏に富んだ地形を言ったものであり、岡の連なる場所の意味があると考えられる。
地名の多くもそれを裏付けるように谷戸名が多く、住居表示未実施の為、小字は現役のものである。
谷戸名の多くは方角を表すもので、ユニークな特徴は見いだせないが、寺家谷などはそもそも寺領であったという歴史を感じさせるものとなっており、古く沢山の坊庵があったことが伝わっており、これらの内幾つかは屋号などに継承されているという。
この辺りは資料が足りず、分かったものは少ないが、修験の場であったと考えると、当地の山深さが感じ取れるようである。
また当地には「のの池」「いの池」という池があり、これらの歴史は古いようだ。またこの池にはそれぞれ少し意味深な伝承が伝えられており、詳しくは各項目を参照されたい。

地名の比定には以下の資料を活用させて頂いたので、この場で御礼を申し上げたい。
「仮製三千分一地形図」「角川地名大辞典」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]