忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
八王子市別所は多摩丘陵の奥にひっそりとたたずむ小さな寒村であった。それがニュータウン開発で劇的な変貌を遂げ、京王堀之内駅付近には巨大な高層建築が林立し、かつての谷戸はモダンな街路に生まれ変わった。町としての開発は割にきれいな光景をもたらしており、長池公園や蓮生寺公園など一部は昔の自然を残し、節操のない開発は避けられたのかもしれないが、あまりの変貌ぶりに古くからの住人にはそれがどのように映ったのだろうか。
そもそも別所という地名は菊池山哉の説や、柴田弘武の研究に寄れば大和王権による、日本の先住民であるエミシの討伐と、これを捕らえた俘囚を各地に移配した地を言うのだそうで、特に柴田に寄ればこの先住民が持っていた製鉄の技術を欲するところから、別所に移配した俘囚を製鉄に携わらせたのではないかと言う非常に古い地名である。
別所には東光寺が置かれ、薬師堂がおかれることが多いとの研究も有り、この地にも薬師堂があったことが知られており、また村の鎮守の蓮生寺も元は東光寺であった可能性があるのだという。
さて話を知名に移すと、この地は八王子にあって最も地名資料が乏しい地域だと言える。皇国地誌や村明細は残っているものの、それがすべてと言ってもよいほどで、新編武蔵風土記稿などは意図的に避けたと思えるほどに内容が薄い。
八王子市としての資料も最近の由木の民俗の資料が出るまでは、ほぼ皆無であり、また開発後も一部の公園に残された地名以外はほとんど残されておらず、なにやら不可解さすら感じるほどである。
そのわずかな資料にある地名をできる限り纏めて、大幅な推量を含むもののとりあえず形にしてみた。先述の通り文献も少ないので、この地の地名資料としては貴重な情報源となるのではないだろうか。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を利用した。感謝の意を表したい。
「皇国地誌 別所村村誌」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」
比定不能の地名は以下の通り。
三反田・・・別所川に三反田堰が架かる
とご・・・別所川にとご堰が架かる
また資料が少なく、各地名の場所比定はほぼ推量によるもので、正確度はかなり低い。
この地の地名についてご存じの方は是非ご連絡、ご協力頂けたらと思う。



より大きな地図で 別所(八王子市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]