忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
多摩市連光寺はいくつかの地区からなる広い村域を持つ村であったが、村名の由来である「蓮光寺」はどこにあったか分からないという。
各地域で見ると、村域西南の大きな谷戸を中心とする馬引沢は、谷戸と沢を中心とする地名と、古く武家の館があったと思わせる地名が多く、セイノカミの儀式も他地域とは少し違う独自性をいまい伝えているのだといい、山間集落の船ヶ台は遠く東京湾の舟が見えたという由来が伝わるように、その地域の高地性を物語っている。またかつて地続きだったが、多摩川の流路が変わり中洲の集落となった下川原地区は、その後江戸期の反乱で府中側に移転したなど、地域ごとに特色が異なっている。この他にも向ノ岡、村の中心の本村などそれぞれの地区が小さな一村として機能していたような感じを受ける。
地名資料は比較的充実しており、ことに代々村長を務めた名家の富澤家がこの地にあったことは、資料の残存量が多いことと無関係ではないだろう。そして明治天皇が数度御行幸に訪れられたことは、この地の地名にも残っている通りである。
地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、ここに感謝を申し添えたい。
「多摩市の町名」「多摩市馬引沢のサイノカミ行事(多摩市文化振興財団)」「馬引沢地名案内図」「郷土たま創刊号(多摩市史談会)」「今昔マップ on the web」
比定不能地名は慶長3年検地帳に見られる古地名のうち以下の通り
・くぼかい(乞田村久保ヶ谷のことか)
・山の下
・くわんのかい(願の街道の事ではないかとの情報提供)
・かちせうり(かじあがりのことか)
・神明前
・みなみ
・たいりがい
・辻(辻道のことか)
・あいしま
・あさ川ばた
・八まんくぼ
・つきそい
・かね打くぼ
・村うしろ
・まへ田
・やしき添
・やしき後
・くぼ西の庄屋
・柳町
・ふるやしき
・水○西の庄屋
・いなりの前
・居屋敷




より大きな地図で 連光寺の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]