忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
多摩市貝取は乞田村に周囲を囲まれ、南は小野路村というちょっと変わった村域を持っている。これはそもそも乞田村と一村であったことが原因のようで、分離した本村は貝取谷戸、瓜生谷戸の南保に走る大きな谷戸を中心とし、南の地は小野路村と境界が曖昧で区界を越えて地名が点在するような場所も多い。
また本村から離れ、関戸村の隣接に飛地がある。そもそも関戸村分だった地らしいが、その後結局関戸村と一体になっていったのだという。
飛地に関しては、市役所裏手の大谷戸が残るほか、旧家も又多く、資料は充実している。しかし一方の本村のほうは全くと言って良いほど資料が無く、多摩市の資料でも地名希薄地帯となってしまっている。この辺りについては新たな聞き取りなどに期待を寄せる以外に無いが、現状手元に集まったデータを纏めてみた。
拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、ここに御礼と共に列挙したい。
「多摩市の町名」「多摩市の民俗(口承文化編)」「皇国地誌貝取村村誌」「多摩のかたりべ(井上正吉)」
またこの資料とは別に、パルテノン多摩の仙仁学芸員の調査とお話を参考に致しましたこと、特に感謝と共に申し添えたい。
比定不能地名は特にない。



より大きな地図で 貝取の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]