忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
神奈川県横浜市青葉区奈良町はかつては山深い地であった。中央の谷戸を中心に幾筋もの谷が山を走り、その谷からもまた細かい襞のように小さな谷が分かれていた。
現在もその痕跡はこどもの国の園内や、玉川学園境の土橋谷戸と呼ばれる辺りに残っているが、それ以外の地は、開発著しく、モダンな街区や、高層建築などで埋められてしまった。
地名の特徴はやはりその土地柄を反映して、多くが谷戸地名である。村での生活に関係する、祭祀地名、地形地名などがほとんどで有り、異質な特徴を持つものは見受けられない。
地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、併せて感謝を申し添えたい。
「都筑の皇国地誌草稿と字地書上(緑区郷土史研究会)」「今昔マップ on the web」「国土変遷アーカイブ」
比定不能地名は以下の通り
・耕地(字大幡、字大幡谷に合併)
・古屋敷(字大田平に合併)
・耳屋敷(字南に合併)
・荒屋敷(字宮ノ谷に合併)
・六本松(仝)
※情報提供により、一部地名の解釈に追記を致しました



より大きな地図で 奈良(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]