忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市都筑区勝田町は現在勝田南となっているエリアを含む一つの村で、勝田村と言った。由来には「鍛冶田」の転訛ではないかと言うものもあり、この地ももしかすると古く産鉄、製鉄の歴史を持つ地だったのかも知れない。
地名を見てみると、大きな特徴として、字名や小名以外にも講中名があり、土地の方々は各集落部の呼び方として、この講中名を用いておられるようだ。
西根、狭間根、店根、谷根、原根などそれぞれに麓の集落部の意味のある「根」の文字を付けているのもまた、丘陵部の村の特徴を表しているように思う。
字名、旧地名では大きく変わったものがあるわけではないが、古くから言い習わされていると思われる土地の通称の様なものが、多くの坂名に見られるのが面白い。
特に勝田の由来と関係するのかは分からないが「包丁面坂」という坂がある。これはこの坂のある辺りを「包丁面」と呼んだことからだと思うが、資料には由来ではなく伝承が載っている。
古く大蛇が住んでいたという伝承なのだが、蛇と産鉄地名とは密接だとする説もあり、そう考えてみると、鍛冶と包丁もまた密接というより、一体と言って良いものだろうし、どうもこの地が製鉄地であったというのもあながち間違いではなさそうな気がしてくる。
また、「金子田」という地名も、もしかすると関係地名かも知れない。ただし他地域で類似の地名に「収量の良い田」の意味がある例もあるので、すぐに結論と結びつけるわけにはいかないのだが。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、感謝と共にご紹介したい。
「勝田のあゆみ(勝田のあゆみ発行委員会)」「なかがわ(横浜市立中川小学校百周年記念事業実行委員会)」「都筑の民俗(港北ニュータウン郷土史編纂委員会)」「今昔マップon the web」

比定不能地名は以下の通り
・杉下
・マツ場

※ご指摘がありました地名読み2件の修正を行いました。
※一部地名の読みの修正を行いました。



より大きな地図で 勝田(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]