忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
横浜市都筑区牛久保は現在は牛久保西、牛久保東などやすみれが丘、一部はあゆみが丘などと名を変えているが、そもそも牛久保村という小さな村であった。
村域が小さいのには分けが有り、それ以前は大棚村の一角に過ぎなかったものが、分離して一村となったという経緯があるようだ。
その後中川村の大字となり、牛久保町を経て、現在の状況となっていった。
かつての村域には緑が残されているエリアも多いが、やはりセンター北駅を要する都市となった今、開発も激しく、勝手の面影は全く感じない場所もまた多い。
地名は村名にすでに久保が付くだけあり、山間の窪地と小さな谷間に集落があると言う山深さを感じるものが多く、山田村などとも同じく、多くの地名に谷戸の名が付けられている。
特に特色があるものは「金子入」という大きな谷戸と、この中の字「上金子」「下金子」であろうか。これは鍛治地名であり、場所がよく分からないが他に「かながしら」という地名も残されているという。
鍛治地名と言うものの、もしかするとこれはもっとルーツの古い産鉄、製鉄地名かも知れないとも考えられ、多摩丘陵は広く産鉄の地だったという説を裏付ける地名にもなり得るのではと思う。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用した。謝意を申し添えたい。
「都筑の民俗(港北ニュータウン郷土誌編纂委員会)」「今昔マップon the web」「マピオン」「歴史と素敵なおつきあい」

比定不能地名は以下の通り
・清水谷
・子ノ神谷
・海道下
・かながしら
・さいの神
・せどの谷



より大きな地図で 牛久保(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]