忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
神奈川県川崎市高津区蟹ヶ谷は狭い町域を丘陵部に持つ場所で、矢上川の南に位置する複雑な地形が特色の町である。
村名の由来は古く、元々は神庭(かにわ)村と称したことが分かっている。これがいつの間にか蟹ヶ谷に転訛した様だが、カニには曲がった谷、崩落地の意味もあるので、自然と地形的特色と入り交じっていたものと考えられる。
神庭と言うだけあって、その歴史はかなり古く、村域からは多くの古墳が発見されていることがそれを裏付けているようだ。
また、地名特徴もかなり強く、谷戸地において谷戸名を用いず、緑下、池の里などの字名が使われていることもまた面白い。
古代の祭祀地であった山深い地は、中央に大きく複雑な谷戸を持ち、西に小さな谷戸を一つ、北は矢上川の低地という完全に丘陵中に位置している。
現在は複雑な地形の当地にも否応なく開発が入り、半ば無理矢理谷を削っているかのようにさえ見える。
また、鞍掛松という松の老木があったそうだが、これも伐られてしまい、矢上川の直線化に関係して井田堤に植えられ、一時期は名所となっていたという桜並木も伐られてしまうなど、どうにも歴史を軽く考えている節も見られるのは残念でならない。
古代の祭祀地を起源とする場所らしく、現代にあってもその神秘を語る地となっていて欲しかったのは、私だけだろうか。

地名の比定には以下の資料を用いた。深い感謝と共に。
「川崎地名辞典」「今昔マップon the web」「google map」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]