忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市緑区長津田は丘陵部開発が進む横浜エリアにあって、緑と谷戸の多く残された地区である。
それでも北部は開発され、長津田みなみ台、いぶき野などとなって、モダンな街区がひしめく状態になってしまった。
この開発は当時、大きな問題を呼び、各新聞紙面などを賑わわせたようだが、今は昔となり、すっかり定着してしまった感もある。
それでも各古跡、塚や旧街道は残され、これらを巡る観光マップなども作られている点は極めて評価したい点である。
南部は多くの里山、谷戸が残され、極めて緑豊かな地であり、旧集落の景観は郷愁をそそるものがある。
観光マップなどの存在のおかげで、古い地名の保存状態も高く、明治の地租改正以前の小名が現役の地区名として用いられているなど、比定にあたっては極めて嬉しい状況であったが、反面すでに用いられなくなったと思われる地名の比定は難しく、今回の比定の中では完全な想像に任せて行ったものもあり、資料精度が低くなってしまっていることを断っておきたい。
この先も、この景観が失われないことを心から願ってやまない。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、謝意と共にご紹介したい。
「長津田歴史探訪マップ」「都筑の皇国地誌草稿と字地書上(緑区郷土史研究会)」「今昔マップ on the web」「長津田 地域史web」「歴史と素適なおつきあいweb」
「東京工業大学 資源化学研究所 有機資源部門 岩本・石谷研究室のWebページ 長津田ものがたり」



より大きな地図で 長津田の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]