忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
799b8c74.jpg
 
名称:宮田西沢
住所:東京都あきる野市横沢
所属:五日市丘陵、横沢入丘陵、横沢入支谷
河川:ヨコ(横沢)支流
水系:多摩川水系、秋川支流、ヨコ(横沢)支流
鎮守:愛宕神社

自然度:5/5 景観:3/5 危険度:5/5
宅地化:0/5 荒地:4/5 農地:1/5
水田:無し 耕地:無し 公園化:ほぼ全域が里山保全地区

消失危険度:0/5

 横沢入の支谷の一つで同じ分岐から二つに枝分かれする谷戸の西側である。
その一帯を「宮田」と呼んでいたことから西側を「西沢」東側を「東沢」としたのだろう。
 この谷戸は奥へと続く道がしっかりしており探索に入る難易度も荒田ノ入などよりは
低く、中央湿地帯だけで飽き足らない向きには良いコースとなるだろう。
 下流部にはため池が設けられており、多くの昆虫や鳥類の水場となっている。
池ノ中に枯れ草があることから、荒れ地をせき止めて水を集めた造りだろうと
想像出来る。
 ちなみにここはかつては農地より石切場としての用途が中心であったようだ。
この地域では「伊奈石」という石材が産物となっており、その石を切り出した石切場が
この谷戸の奥に残っているそうだ。
今回の探訪では藪がきつい上に装備が軽かったのでそこまでは入らなかったが、
いずれ石切場をみてみたいと思う。

このあたりの地図は

大きな地図で見る
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]