忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

66e42e7d.jpg
名称:池田谷戸
住所:東京都町田市下小山田町字池田
所属:多摩丘陵、善治ヶ谷戸支谷
河川:不明(池田川か?)
水系:鶴見川水系、善治ヶ谷川支流
鎮守:小山田神社

自然度:3/5 景観:3/5 危険度:4/5
宅地化:2/5 荒地:4/5 農地:1/5
水田:放棄 耕地:放棄 公園化:特になし

消失危険度:3/5

善治ヶ谷戸の支谷という事になるだろう当地は初め名前が分からなかった。
明らかに支谷然としていたので、きっと何かしらの名前があるだろうとは思っていたが、
手持ち資料にそれらしきものが確認出来ずにいた。
最近細かい字名まで記した地図を見ることが出来るようになったので、
早速調べてみると、字名は「池田」とある。
古い明治期の各村縮図を入手出来たのでこれも確認すると
やはり変わらず「池田」の名がある。
上流の字山中の谷戸を山中谷戸と言うことに習って、
この谷戸の名前をここから池田谷戸としてみたのだが、
もし間違いや、指摘等があれば是非お寄せ頂きたい。

この谷戸は小規模な支谷ではあるものの、その中に一つの集落を形成しており、
集落の合間に耕作放棄状態の耕地がある。
背後の西山中谷戸との間の尾根までは結構な斜度があるので、
当地はかなり急峻な上り坂になっており、
耕作放棄前は傾斜の強い棚田であったのだろうと想像出来る。

当地を上っていく道は谷頭部から先はあまり使われなくなっている模様で、
急激に道が荒れてくる。
その道は尾根に続き、馬頭観音文字塔がひっそりと佇む尾根道合流部に出て
西山中谷戸への道を分けながら山中谷戸方面へ進める。
しかし西山中谷戸は非常に荒廃が進んでいるし、
地元の方もあまり使わない上に、踏み跡状の分岐も多く、

充分な準備がなかったり、里山歩きになれていない場合は危険なので、
先に進まないことをお勧めする。

この辺りの昔の地形図は以下のリンクから

http://habs.dc.affrc.go.jp/habs_map.html?zoom=17&lat=35.60367&lon=139.40624&layers=B0F0FTTTTF

この辺りの地図は以下

大きな地図で見る

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]